就業規則作成代行センター

トップページ

| 就業規則作成代行センター | 社会保険労務士 山口正博事務所 | 電子タイムカード Clockperiod |

就業規則を作らないデメリット

就業規則が不整備であるためのデメリット

個々の問合せに対し、個々に対応しなければいけない。

社員ごとに対応を変えてしまうと、他の社員から不満が生まれるもの。

「実家に帰省するとき、あの人は、1ヶ月も休めたのに、私は1週間だけ。どうして??」
「パートタイム社員には退職金は無いのですか?」
「学生のアルバイトには有給休暇は無いのですか?」

就業規則に事前に記載しておかないと、このような質問にその都度答えないといけなくなりますよね。

「この場合には、このように対応する」というように、基準を示しておかないと、その度に本業とは関係ない雑務に追われます。

書いていないことについては、何も主張できない。

例えば、退職時期について特に定めていないと、いつ辞めてもよいという様に解釈されます。今日言って、明日辞めることもできてしまいます。

また、「懲戒解雇の際には、退職金を支払わない」等の文言を就業規則に記載していないと、懲戒解雇でも退職金を支払うことになります。

飲酒運転で事故を起こして解雇されても、無断欠勤で解雇されても、退職金を払う必要があります。

ルールを曖昧にしたままでいるということは、爆弾を抱えて経営をしているようなものです。

賃金関連の時効は2年ですから、残業手当や休日手当をなどを遡って支払うとなると、非常に大きな金額になります。

そうなると、数時間、数万円の費用では済まなくなります。

就業規則を間に合わせで作っていると、後からの修正は困難。

出来合いの就業規則であっても、就業規則は労働基準監督署に受理されますから、後から、「まずいな。変更しよう」としても、困難な場合もあります。 就業規則を変更する際には、社員の意見を聞かなければいけないので、会社にとって都合が悪いからという理由では、社員は納得しないこともあるでしょう。

例えば、基本給のみで割増賃金を計算していると、後で、就業規則を修正するのが困難になることがあります。

本来、払うべき割増賃金を支払っていなかったわけですから、給与の総支給額は大きく増加するはずです。しかし、会社側では、基本給のみで計算をしていたわけですから、給与支給額の増加は避けたい。

こうなると、どうにも首が回らなくなります。

スポーツならば、注意や退場で済みますが、経営だとそうはいきませんよね。
大切な時間やお金を失うことのないようご注意ください。

就業規則を作成する際の流れ »

メールマガジン【本では読めない、労務管理の「ミソ」】

【本では読めない労務管理の「ミソ」】登録フォーム

メールアドレス:

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします 【必須】

※入力内容が不適正な場合には配信されないことがあります。
SSLフォーム ご入力いただく情報は、SSL暗号化通信により保護されます。

  • 15分単位での時間管理でいいのか?
  • 長時間労働を減らす方法は2つある。
  • 忙しいから有給休暇を取ってはいけない?
  • 休憩時間は仕事時間?