就業規則作成代行センター

トップページ

| 就業規則作成代行センター | 社会保険労務士 山口正博事務所 | 電子タイムカード Clockperiod |

本では読めない労務管理の「ミソ」 バックナンバー

0.5日有給(半日有給休暇)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/07/27号)━

 

 

こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。

今日も、お仕事お疲れさまです。

このメルマガは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するメールマガジンです。

就業規則の作成前に読むのもよし。
就業規則を作った後に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。

===========================
今日のTOPIC
1:0.5日有給
  半分だけ使ってみる
2:編集後記

===========================

 

 

■  0.5日有給
■■ 半分だけ使ってみる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

■半ドン有給。


半日だけの有給休暇を作ることはできるのか、
という疑問をお持ちの方もいらっしゃるようです。

午前だけ出勤、残りの時間は休暇。
午後だけ出勤、残りの時間は休暇。

という、いわゆる「半ドン」のような形で有給休暇
を使えないのかとのことです。

 

 

■足し算は正確に。


結論から言うと、半日だけ有給にすること
は可能です。

ただし、その際には、
「0.5+0.5=1」にしないといけない。
つまり、半日有給を2回使う事で、1日の有給
休暇と同じとするわけです。

半日でも1回と数えて、「0.5=1」とする
会社もあるのですが、「0.5=1」では、
有給休暇が減る事になりますので、
半日で1日分を消化したと扱うことはできません。

トータルでバランスを取っておくというのが
ミソです。

また、
半日の扱いにすると有給日数が増えるのでOK、
という解釈もできますが、「0.5+0.5=1」
ならば、特に不利益な事もありませんので、
この点で私は、半日有給は可能だと考えています。

 

■義務ではない。


半日の有給休暇を作るかどうかは、
会社側の任意です。

半日にする「義務」というものはありません。

会社と社員の間で決めれば、半日の有給を作る
ことができますので、必要ならば、
話し合ってみると良いでしょう。

就業規則に書く場合には、
「半日単位で有給休暇をとることもできます」
と付加的に書いておく程度で十分です。

 

■ご相談はこちらよりどうぞ■
▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼
http://www.buyers24.net/12

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

>>編集後記

 

雨がなかなか降りません。

入道雲は大きく出来上がるのですが、
夕立にはなりませんね。

夕立が降れば程よく地面の熱を放出
してくれるのですが、
降らないと夜まで熱気が保たれてしまいますね。

たまには、「バケツをひっくり返して欲しい」
ものです。

 

今回も、メールマガジン【本では読めない労務管理の「ミソ」】をお読みいただき、
ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メールマガジン【本では読めない、労務管理の「ミソ」】

【本では読めない労務管理の「ミソ」】登録フォーム

メールアドレス:

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします 【必須】

※入力内容が不適正な場合には配信されないことがあります。
SSLフォーム ご入力いただく情報は、SSL暗号化通信により保護されます。

  • 15分単位での時間管理でいいのか?
  • 長時間労働を減らす方法は2つある。
  • 忙しいから有給休暇を取ってはいけない?
  • 休憩時間は仕事時間?